家庭用脱毛器コラム

家庭用脱毛器で肌荒れに?知っておくべき原因とその対策について

428人がこのページを参考にしています。

家庭用脱毛器を購入しようか迷っている人は、きっとムダ毛をなくしてツルツルなお肌になりたいと思っているはず。しかし、家庭用脱毛器が肌荒れの原因となってしまうという話を聞くと、ギョッとしますよね。
いったいなぜ、家庭用脱毛器が肌荒れにつながるのでしょうか。ここではその原因とチェックすべきポイントについてご紹介します。

家庭用脱毛器の使用で肌荒れすることがある…?!

ネットの書き込みなどで、家庭用脱毛器を使って肌荒れになってしまったという口コミや体験談を目にしたことがあるという人もいるかもしれませんね。
誰が書いたのかも分からない書き込みではありますが、やっぱり気になるものです。本当に、家庭用脱毛器で肌荒れになってしまうのでしょうか。

結論から先に述べますと、その可能性はないとは言えません。というのも、家庭用脱毛器はフラッシュやレーザーを肌に当てるので、体質によっては火傷や炎症といった症状を絶対に引き起こさないとはいえないのです。

もう一つ、家庭用脱毛器で引き起こされる肌荒れは、ずばり乾燥肌です。乾燥を甘く見る人もいるかもしれませんが、お肌の大敵であり、かゆみや発疹、炎症などを引き起こします。
これだけでもかなりのストレスですが、長期的に肌トラブルが続くと、シワやシミ、色素沈着といった肌症状につながってしまう恐れもあるのです。

しかし、これらは家庭用脱毛器を使うと必ず起こるというわけではありません。
対策として、照射レベルを調整できたり、冷却パックを当てながら行う、ホクロや痣などは絆創膏で隠しておくなどの使用法の注意をしっかりと守っていれば、火傷の心配はありません。
また、乾燥する場合は、保湿をしっかりとしておくようにしましょう。正しい使用法を守れば、肌荒れを防ぐことができるのです。

肌トラブルを起こさないためのチェックポイント

それでは、家庭用脱毛器での肌トラブルを未然に防ぐためにチェックしておくべきことについてご紹介しましょう。
まず、家庭用脱毛器の種類についてチェックしてみましょう。脱毛による肌トラブルで、よく話題となるのが埋没毛です。埋没毛が起こるのは、抜くタイプの脱毛器を使ったときです。毛抜きもそうですが、ムダ毛を抜くときに毛穴に負担がかかりやすいため、このような症状が起きてしまいます。

これらを防ぐためには、抜くタイプの脱毛器ではなく、フラッシュ式やレーザー式の脱毛器を使用することをおすすめします。
また、敏感肌やアレルギー体質の人の場合、家庭用脱毛器を使用する際になるべく弱い光から試して様子をみるようにしましょう。冷却と保湿も忘れずに行って、火傷や乾燥を防ぎましょう。

日焼けをしていないかというところも、忘れずにチェックしましょう。日焼けをしていると、肌への負担が強くなり、痛みを感じてしまったり肌トラブルを引き起こしてしまったりする可能性が高まります。
家庭用脱毛器を使用している間は、日焼け対策もばっちりとしておくことが大事です。

刺青やホクロ、怪我や痣などがある場合も、絆創膏でふさぐなどの対策をしておくのが大事です。
それと、使用する家庭用脱毛器の注意事項もしっかりと頭に入れておきましょう。とくに、使用できる範囲について知っておくことも大事です。目の周りや機種によってはVIO部位も範囲外となっているので、万が一のために範囲外の部位には使用しないように気を付けてくださいね。

ムダ毛処理や入浴にもコツが必要

家庭用脱毛器の使用前にはムダ毛を短くしておく必要がありますが、このとき、カミソリではなく電気シェーバーを使うと肌への負担を軽減できますよ。また、脱毛後は、熱いお風呂に長時間浸かったり、ゴシゴシこすりながら体を洗ったりしないようにしましょう。

家庭用脱毛器での肌荒れは未然に防げます!

家庭用脱毛器を使用して、火傷や炎症、乾燥などの肌荒れになってしまうことはあります。しかし、正しい使用法を守り、冷却や保湿をしっかりしておくことで肌トラブルは未然に防ぐことが可能です。家庭用脱毛器の使用上の注意をしっかりと読み、脱毛を行う上の基礎を忘れずに過ごしてくださいね。

家庭用脱毛器関連記事