家庭用脱毛器に関する疑問

家庭用脱毛器で永久脱毛は無理!自宅脱毛の効果と永久脱毛の違い

158人がこのページを参考にしています。

家庭用脱毛器を使えば、自宅に居ながら脱毛サロンに通うような効果が期待できます。しかし、勘違いしてはいけないのが「家庭用脱毛器では永久脱毛できない」ということです。

ここでは、家庭用脱毛器と永久脱毛の違いについてご説明いたします。

なぜ家庭用脱毛器では永久脱毛ができないの?

皆さんが真っ先に知りたいことはズバリ、家庭用脱毛器で永久脱毛ができるのかどうかというところでしょう。
はっきりと申しますと、家庭用脱毛器を使用しても永久脱毛はできません

家庭用脱毛器はエステ脱毛と同じような効果が期待されています。長期間使用し続け、毛根にダメージを与え続けることにより、ムダ毛が生えにくい状態になります。

家庭用脱毛器での光脱毛やレーザー脱毛には、永久脱毛に必要なほどの出力がありません。そのため、脱毛をやめるとやがては前のようにムダ毛が生えてくることだってあります。

しかし、効果がないのかというとそういうわけでもなく、長期間もしくは定期的に使用し続けて行けば少しずつムダ毛が生えてこない状態へと持っていくことができるのです。定期的にしなければならない面倒くささはありますが、全く意味がないというわけではないのです。

家庭用脱毛器の脱毛と「永久脱毛」の違い

ピカリ先生
ピカリ先生
家庭用脱毛器でできることといえば、こちら!
  • 毛周期に合わせて照射することにより徐々に減毛が可能
  • 長期間に渡り繰り返し使い続けることで、ほとんど毛が生えてこない状態になる

一方、「永久脱毛」の定義についてはアメリカのFDA(食品医薬品局)が定義していて、日本語訳を行うと「3回照射して6か月後に毛が67%減毛している状態」を指します。

永久脱毛だからといって毛が永久に生えてこないわけではなく、少ない照射回数で2/3以上の減毛効果が認められることを指しているわけです。このため、3回の照射ではなく、期間を長くして照射回数を増やすことで更に減毛効果を高めることが可能となります。
日本語から思い浮かぶ永久脱毛とは全く異なる意味となる点に注意が必要です。

永久脱毛を定義通りに行うためには?

医療用レーザー脱毛を行うか絶縁針脱毛と呼ばれる電気針を毛穴に刺して電気を流し毛母細胞ごと破壊する方法しかありません。家庭用脱毛器では、出力が僅かすぎて永久脱毛の基準に到底届かないわけです。

永久脱毛は、目に見えて明らかに分かるほどの減耗効果をわずか3回の施術により実現するほど強力な脱毛という意味で使われています。家庭用脱毛器による脱毛は、医療用レーザー脱毛とは異なり痛みに耐える必要が無いため、医師免許を持たない一般人でも取扱出来るわけです。

脱毛メカロボくん
脱毛メカロボくん
絶縁針脱毛は激レア!激痛!対応してくれる医療機関を探すのも一苦労だし、体の毛穴1本1本に電気針を刺される痛みや恐怖感にあなたは耐えられますか・・?
ボク的にはあまりオススメしないなぁ。

永久脱毛にかかる料金や期間について

日本国内で行われている永久脱毛は、アメリカのFDAが定義している永久脱毛とは異なり、目立つ毛がほとんど無くなる状態を意味しています。このため、約1年かけて5回程度の施術を行う方法が一般的です。

なぜなら、医療用レーザー脱毛であっても毛周期を考えて成長期にある毛のみを狙うことになるので、休眠期間に入っている毛には効果が無いからです。
永久脱毛は部位ごとに違いがあり、全身脱毛5回コースで19万円程度が一般的ですが、部分脱毛に対応している医療機関が多いので事前に料金確認を行うと良いです。

  • 脇脱毛 5回で12,000円
  • VIO脱毛 5回で100,000円
  • 足脱毛 5回で93,000円

といった価格が一般的となっています。

エステ脱毛と比較しても、通う回数が1/3以下で済むために価格も医療脱毛なら脱毛エステの2/3~1/2程度で済むわけです。医療脱毛の多くが5回程度で完了するので、18回通うエステ脱毛が3年近く期間を費やすのに対して、医療脱毛ならば1年で永久脱毛が完了します。

光脱毛器が主流になった現在でも一部脱毛エステ店で行われている絶縁針脱毛では、毛穴1つずつを処理する必要があるので、18回程度の施術が全身脱毛では必要になります。

費用面は最も高額の400,000円程度となるので、医療用レーザー脱毛による永久脱毛の倍額以上となり割高感が否めません。このため、永久脱毛といえば医療脱毛5回の1年間コースが主流となるわけです。

永久脱毛できないのに家庭用脱毛器や脱毛サロンが人気な理由

家庭用脱毛器の強み

【 脱毛の痛みが弱い 】
永久脱毛出来ないにも関わらず家庭用脱毛器や脱毛サロンが人気となる最大の理由は、痛みが少ないという点が挙げられます。家庭用脱毛器は、出力が低く抑えられていて大人が取扱説明書通りに行っていれば安全に光脱毛が可能です。

【 家庭用脱毛器は長く使える 】

1度家庭用脱毛器を購入すれば、照射回数の限界まで使うことが出来るので、カートリッジ式ならばカートリッジ交換により繰り返し使うことが出来ます。

家庭用脱毛器の強み まとめ

医療用レーザー脱毛の痛みに耐えられない人にとっては、痛みが少なく自分で脱毛をコントロールできるところがGOOD!
永久脱毛にこだわるよりも、必要な時に必要な分だけ脱毛が出来れば良いと考えている人に向いています。

脱毛サロンの強み


【 脱毛の痛みが弱い 】

家庭用脱毛器と同様に医療用レーザー脱毛の痛みに耐えられないと考える人に向いています。


【 サロンスタッフにまかせられる 】

脱毛サロンならばVIOゾーンといった自分では脱毛し辛い箇所であっても依頼出来ます。永久脱毛にはならなくても、脱毛サロンでほとんどムダ毛が目立たない状態にすることは可能。
脱毛サロン通いと平行してダイエットを行う女性も多いので、永久脱毛に近い状態に持って行くために必要な全身脱毛18回コース完了までに、体型も並行して整えられます。

脱毛サロンの強み まとめ

脱毛サロンでは痛みを抑えつつ、施術部位を相談しながら順番を決められるので、自分本位で脱毛出来るメリットがあります。病院とは異なる医薬品の香りがしない空間で受ける光脱毛ならば、病院特有の臭いが苦手な人にも安心です。

「100%の永久脱毛」への道は険しく、苦難が多いのでオススメしない

永久脱毛が可能なクリニックは、全国にほんの少ししかありません。その上、医師がついているといっても火傷などのリスクがあるので、それなりの覚悟も必要です。

体に負担をかけてまで永久脱毛をしたい人はどれだけいるのでしょうか。火傷の心配をしながら高いお金を払って通い続けるのもなかなかのストレスになりそうですよね。

それなら、永久脱毛はできなくとも体毛が薄くなっていくくらいで十分なのではないかとも思います。
脱毛サロンに通っていても永久脱毛はできませんし、医療クリニックに通うのも辛い、そうなると、自宅で家庭用脱毛器を使いながら心身ともにストレスなく自分のペースで脱毛していく方がいいような気もしますよね。

家庭用脱毛器関連記事