家庭用脱毛器に関する疑問

家庭用脱毛器ケノンにサングラスは必要?光が目に入ると危険?

2,315人がこのページを参考にしています。

家庭用脱毛器を使用する上で避けられないことの1つとして、照射される光に対して目をどう守るかという点があります。
これに関しては、ずばり「サングラス着用」ということで、それを前提にサングラスを付属している商品もあるようですが、果たして本当に、脱毛器の照射光は目に悪いものなのでしょうか?

基本的に家庭用脱毛器を使用する際はサングラスの着用を!

【照射時の光は目に入ると危険】
実際のところは、脱毛器から照射させる光は「可視光線」というもので、目への危険は心配しなくていいと言われています。
とはいえ、光はメラニンに反応しますから、濃い色の瞳を持つ眼球に誤って光が入ってしまう可能性を考えると、サングラスをしておくに越したことはありません。

また最近では、サングラスをかけなくてもいいように開発された家庭用脱毛器もあります。オススメとしては、『トリア』特殊な技術で加工された「サファイアレンズ」が、目に安全な光に変換してくれます。
『レイボーテフラッシュ』紫外線など有害な波長がカットされた特殊な光を採用しています。

……とはいえ、照射時の光を見ているうちに目がチカチカしてきた、眩しいなどということもあるかもしません。そういうことを考えると、サングラスを着用したほうがいいこともありそうです。

脱毛器ケノンは市販のサングラスでも対応できるの?

ケノンはフラッシュ方式という脱毛方法で、脱毛サロンと同じ形式なんです。
照射ボタンを押すと、ピカっと光るカメラのフラッシュみたいな光が照射されて、これが毛に吸収されて毛根などにダメージを与えてくれます。

この光を直接見てしまうと、目にダメージを与えてしまいます。
脱毛サロンではスタッフの方が専用のゴーグルやタオルで目を保護してくれますよね。
あれは、目に光が入らないようにという配慮からなんです。

家庭用脱毛器ケノンで脱毛するなら、自分で光から目を保護してあげるために、サングラスをかけないといけません。ケノンの付属品としてサングラスが付いていますが、鼻の形と合わなかったり大きすぎたりする場合もあります。
メガネ愛用の人はメガネを外してサングラスをすることになるので、細い毛が見えないなんてこともあります。
そんな時には、市販のサングラスでもいいので、きちんと目を保護してから照射するようにしましょう。

市販のサングラスなら自分の顔の輪郭や鼻などに合わせて選べます。通販サイトで好みのサングラスを探して買うのもいいでしょう。

見えやすくて、こめかみや鼻が痛くならないものを選びましょう。使っていない家にあるサングラスや、100円ショップで売っているものでもOKです。安全に脱毛するためにも、自分に合ったサングラスをかけて脱毛しましょう。

サングラスを使わない裏ワザもあり!慣れてきたら試してみて

視界が暗くなるなどから、サングラスは使いたくない人もいるようです。では、そういう人はどう脱毛しているかというと、こちら。

  • 目を閉じる
  • 目をそむける
  • タオルなどで目を覆う

つまりは「光を目に入れない」ようにしているということです。
照射ポイントを変えるたびに確認しなくてはならない点を考えると、効率は悪そうでオススメとまでは言えませんが、サングラスを使用したくない人は、この“裏ワザ”を試してみてください。

また、サングラスの視界の悪さどうしても苦手という方は、レンズが透明のクリアサングラスを試してみるのもいいかもしれません。レンズが透明だから、見た目は普通のメガネをかけているだけに見えるのが特徴です。

未成年者に裏ワザを使用する時も、十分に気を付けてくださいね。目を傷めてしまわないよう、保護者がしっかり付き添って脱毛器を使用しましょう。

普段からメガネの人はどうやってケノンを使っているのか

普段からメガネをかけている方であればサングラスは使いづらいと思う方が多いです。メガネを愛用している方はどうやって対処すれば良いのでしょうか?
メガネの方の脱毛実践方法を、ご紹介しますのでご参考にしてみてくださいね。

コンタクトを使用している場合
メガネの他にもコンタクトを着用することで問題を解決する事も出来ます。
視力が悪い方であれば、メガネを外してしまうと視界が悪くなってしまい打ち漏れなどの可能性もあります。
普段学校や仕事などでコンタクトを使用している方は、脱毛時にもコンタクトをする事で視界が悪くなる事もなくケノンを使えます。
脱毛を行う前にコンタクトを着用し、その上からサングラスを着用する事で目に悪い光を遮ることが可能です。

メガネのみ使用している場合
普段からコンタクトを使用しておらず、メガネだけの方にも対処法はいくつかあります。サングラスを着用していなくても、照射時に目を閉じたり手で目元を遮る事で光を目に入らないようにする事も可能です。
ただし、狙っている場所と位置がずれてしまう可能性や完全に光を遮る事が出来ない場合もありますので注意が必要になります。
他にもメガネとサングラスを重ねてかける事で光を防止する事も出来ます。
重ねることで視界はいつも通りでありながら的確に照射出来るので、打ち漏れなどのリスクも低いです。
見た目は不格好かもしれませんが、自宅でする場合が多いと思いますので心配する必要もありません。

メガネの人のケノン使用感口コミ

23歳/Eさん
23歳/Eさん
普段、仕事の時はメガネ、遊びに行くときはカラコンをしています。ケノンを使うときは、目の保護や光の打ち漏れが心配なのでカラコンをしてサングラスをかけています。今のところ、それで全然問題はありません。
30歳/Tさん
30歳/Tさん
ケノンを使用するとき、メガネを外してサングラスをするのがいやなので、目をタオルで覆っています。眩しくないし、メガネを外す必要がないので楽ちんです。
25歳/Yさん
25歳/Yさん
普段からメガネのみで生活しています。セルフ脱毛の時は、誰かに見られることもないのでメガネの上から直接サングラスをかけています。メガネを外すと、脱毛する部分が見えなくて、しっかり脱毛できません。
28歳/Sさん
28歳/Sさん
私は面倒くさがりなので、サングラスなしでケノン使ってます!脱毛のフラッシュが光る瞬間に顔を背ければ全然大丈夫です!
19歳/Kさん
19歳/Kさん
サングラスをかけると、その分視野が暗くなり肌が見えにくくなるというデメリットがあると思います。でも、目は守りたい。なので、私はケノンを使うときはメガネをかけたまま手で目のあたりを覆う方法をとっています。

目をいたわって安全に脱毛しよう

脱毛器から照射される光は基本的に目に悪いものではないですし、技術の進歩もあってサングラス不要の脱毛器も登場しています。
とはいえ、光を“見る”時点で目がチカチカするなどの、ちょっとした影響があることは確かですから、サングラスをかけるに越したことはない、という結論で良さそうです。

家庭用脱毛器関連記事